清水てつじ事務所
高島市勝野129-3 
TEL:0740-36-2077
FAX:0740-20-5531
地図はこちら

守山市のブランド 「モリヤマメロン」視察

 沖縄では、女性遺棄事件で大規模な抗議集会が起こっております。

 沖縄県民の心情を思うと、大変辛い出来事だったと思います。沖縄だけが米軍基地問題で辛い苦しみから免れるには、どのようにしたらよいのか、日本の大きな課題であります。

 土曜日には、関連会社で「エコフェスタ」を開催し、エネオスの「エネゴリ君」にも来ていただきました。

IMG_3527 IMG_3529

 ぬいぐるみに入られた方、大変暑かったと思います。お世話になりました。

 朝から、守山市の下村議員にお世話になり、子どもの頃から高価で中々食べることが出来なかった「モリヤマメロン」の現状と課題を、おうみ富士農業協同組合の方にご説明と、ハウス見学をさせていただきました。

IMG_3546 IMG_3571

 「モリヤマメロン」は守山市の高級ブランドで、約40年の伝統があります。現在は30名の方が、作付け面積約は440aで、出荷個数は約10万個です。大変人気があり、予約が必要ですぐに売り切れるそうです。

IMG_3563 IMG_3565

 この高い品質を守るために、大変厳しく選定をされておられます。このようなことが長年に亘って人気が高く維持されているのではないかと思います。

 今年は奮発して購入の申し込みをいたしました。

 

     清水 てつじ

| 2016年05月23日 | 活動日記 |

頑張れ!ウィンドサーフィンリオ五輪代表伊勢田愛さん

 北海道では30度超えという暑い日になりました。いよいよ琵琶湖が恋しくなる季節です。

 今月号の、滋賀+1の表紙を飾ったウィンドサーフィンリオ五輪日本代表の、伊勢田愛さんは高島市安曇川町出身で、現在滋賀県内でリオ五輪日本代表の決定がしているのは、伊勢田さんだけと聞いております。

 先日、伊勢田さんとお父さんにお会いして、今回のリオ五輪出場の意気込みを聞いてまいりました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 滋賀+1に詳しくは掲載されておりますので、ご覧いただければと思います。

 伊勢田さんは、子供の頃から目の前の琵琶湖でウィンドサーフィンを始められ、琵琶湖の魅力を強く感じているそうです。

 県外の子供たちが修学旅行で、滋賀県に来られ琵琶湖を見るたびに感激するそうです。私たちは琵琶湖が目の前にある事は、当たり前のように感じておりますが、改めて琵琶湖を預かる県民として、美しいまま次の世代に繋ぎたいです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

近江白浜水泳場

 高島市出身の伊勢田愛さんが、リオで活躍され、4年後の東京、そして4年後の滋賀国体で、活躍されますことを期待し、地元出身として応援をしたいと思います。

 皆様ご協力をよろしくお願いします。

 

             清水 てつじ

| 2016年05月20日 | 活動日記 |

衆参ダブル選挙はするような状況ではないと考えます

 衆参ダブル選挙が行なわれる可能性が高くなったような報道がされております。

 私自身の感覚ですが、熊本地震のこともあり、そのようなことを行なっている状況ではないと考えます。もう少し国民目線で判断をしてほしいと思います。

 昼から高島市商工会総代会が開催され、出席してお祝いを申し上げました。

IMG_3516

 高島市も人口減少によりマーケットも小さくなり、ご商売をしておられる方は一部を除いて大変厳しくなっていると予想します。

 そのような中で今回、国の地方創生の財源を活用し、京都市の中心部に、発酵食品を中心とした「高島アンテナショップ」を今年の9月にオープンされます。高島市内の食材や発酵食品を活かした食事やお土産品を販売されます。

 京都には多くの外国人の観光客も来られており、高島市の食材を売り込むチャンスです。

 大いに期待をしております。

 

    清水 てつじ

| 2016年05月19日 | 活動日記 |

6月定例会議 知事との政策協議会

 6月定例会議を前にして、定例の知事との政策協議会が、チームしがとおこなわれました。チームしがからは、いくつかの課題について知事に質問をいたしました。

  5.19.1   5.19.2

 平成28年度、第1回の総務・政策・企業常任員会が開催されました。

  5.19.3

 所管は、総合政策部、総務部、企業庁で、平成28年度の主要施策について意見交換をいたしました。今後、執行部と様々な項目について、議論を深めたいと思いますので、宜しくお願いします。

           清水 てつじ

| 2016年05月19日 | 活動日記 |

6月定例会議案件説明

 6月議会は参議院選挙の日程の関係で、通常より早く6月1日から22日まで22日間に亘り開催されます。

 本日は会派に6月定例会議の提出予定案件の説明がありました。

IMG_3499 IMG_3500

 東京都の舛添要一知事の政治資金流出問題に対し、国民の大部分から批判が相次いでおります。8月には世界一のビックイベント オリンピックで、日本代表で出席されることは多くの国民がどのように思われるのか。ご本人も日本を代表するんだ、という自覚を持っていただきたいと思います。

 明日は午前中、知事とチームしが県議団との政策協議会があります。昼からは今年度初めての総務・政策・企業常任委員会です。

 知事はじめ執行部の皆さん、宜しくお願いします。

 

     清水 てつじ

| 2016年05月17日 | 活動日記 |

熊本地震から1か月が経ちました

 今晩、茨城県でマグニチュード5.6の地震が発生しました。被害状況は分かりませんが、何事も無いことを願っております。

 あたらめて日本各地で地震が発生しております。マグニチュード5以上は、世界で日本が一番多いと聞いております。

 地震を止めることは出来ませんが、如何に被害を少なくする事は出来ます。自分は何を、地域は何を、行政は何をしなければならないか、役割分担を明確にして備えなければなりません。あらためてこのような国であるから、原発を動かすことは見直すべきです。

 熊本地震からちょうど1か月が経ちました。報道ステーションの熊本・益城町の状況を放映されておられましたが、まだまだ様々な分野において支援が必要です。

 本日国会で、熊本地震の補正予算約7,700億円を可決されましたが、これによりどこまで復旧が進むのか期待をするところです。

 本日も関西広域連合から、熊本地震への対応、益城町支援チーム第5陣の派遣は、学校再開後の応急教育や心のケア、避難所と学校教育の円滑な運営について、助言・支援を行うため、教育支援員チーム10名を派遣されました。

 長期的な視野に立って応援をしていきましょう。

 

     清水 てつじ

| 2016年05月16日 | 活動日記 |

第2回「大戸川ダム問題・緊急対話集会」開催

 第2回「大戸川ダム問題・緊急対話集会」が、昨日コラボしがで開催し出席してまいりました。

IMG_3456 IMG_3466

 講師に、水循環の観点から谷誠氏(京都大学名誉教授)にテーマ「洪水最大流量の予測について考える」、そして森林の観点から関良基氏(拓殖大学准教授)にテーマ「森林の治水機能とダム問題ー利根川事例から」について講演をいただきました。

 専門的な内容でしたが、私自身あらたな知見を学ぶことがで出来ました。

 大戸川ダムは、平成20年の淀川水系河川整備計画で、知事の大戸川ダム凍結提案に対して、県議会で議決しており、そこが変わらない限り前に進むことはありません。

 財源負担の京都府、大阪府も消極的であり、今後この問題はどのようになるのか?

IMG_3471 IMG_3478

 私たちは、ダムが有利な場合はダムで治水政策を進め、そうでない場合はダムを建設すべきではないと考えております。大戸川ダムに関しては、必要性は今のところ感じておりません。

 

     清水 てつじ

| 2016年05月14日 | 活動日記 |

元気をだそう 熊本

 熊本の皆さんの心のシンボルである1600年前後に完成したと言われる熊本城が、今回の地震で大きな被害が出たことはご承知だと思います。

 修復に何年掛かるのか、いくら掛かるのかと言われています。広島大学の三浦正幸教授は、修復には10年以上、天守閣を含めれば200億円以上と言われております。

 熊本ではこのような大きな財源は負担出来る状況ではなく、国の支援が必要不可欠です。今国会の最終(閉会日6月1日)に、補正予算として熊本支援で7,000億円を補正されるという話があります。お金だけでなく様々な支援を、地方行政や国民も一緒に継続して行きましょう。

 関西広域連合は、第3陣として本日から、罹災証明の発行が大変遅れておりますので、益城町・大津町に家屋被害認定業務の職員を益城町に28名(滋賀県2名)、大津町に12名に派遣しました。対象件数は、益城町で約16,500棟、大津町で約2,000棟あります。

 健康にご留意いただき被災された方のために頑張ってください。

 

     清水 てつじ

| 2016年05月14日 | 活動日記 |

一級河川「田井川」五十川地区浚渫要望

 5月になり雨が降りますと緊張感があります。

 昨日は五十川自治会の方、高島土木、河川担当に来ていただいて、一級河川「田井川」の浚渫の調査をしました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA  OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 毎年6月には、五十川自治会の皆様には河川愛護でお世話になっております。25年9月の台風18号の時は、五十川住民の一部の人が避難されたそうです。

 今年度は厳しいかも知れませんが、29年度向けて宜しくお願いします。

 

   清水 てつじ

| 2016年05月12日 | 活動日記 |

一級河川八田川 横山区「河原取水口」改修要望現地調査

 一級河川鴨川流域の一級河川八田川について、山川市議を通じて地元横山区から、農村用の取水口の件で相談があり、現場に横山区の役員さん、高島市農政課と取水するための暗渠管の漏水と詰まりの調査をいたしました。

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA    OLYMPUS DIGITAL CAMERA  

OLYMPUS DIGITAL CAMERA   OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 八田川は、天井川で大小過去に3回ほど決壊し、私の父が町長をしている昭和40年代にも大きな被害が出ました。その後、コンクリートの三面張りの堤防強化、浚渫、地元の皆様の河川愛護などで河川を維持管理してまいりました。

 年配の皆様は、早く天井川から平地河川に望んでおられます。残念ながら県の湖西圏域河川整備計画では、20年後とも言われております。全く見えない遠い話です。

 地元の方によると、平成25年9月の台風18号の鴨川の決壊のときには、同時刻には八田川が越水寸前のとき水位が半減したそうです。八田川の堤防の下には多くの民家が存在しており、一刻も早い平地河川ができるよう精一杯努力を続けていきます。

 今回の暗渠管の補修の件は、高島土木河川砂防と市の農政課、そして地元の横山区と協議して、解決に向けてよい方法を検討したいと思います。

 

              清水 てつじ

| 2016年05月10日 | 活動日記 |
1 / 21412345...102030...最後 »